おきなわ音楽月間 - オフィシャルサイト -

音楽のまち沖縄市!10月から約3ヶ月間は「おきなわ音楽月間」
  1. ホーム>
  2. 出演アーティスト >
  3. 古謝美佐子

古謝美佐子

古謝美佐子

1954年沖縄県嘉手納町生まれ。沖縄民謡女性歌手。
4歳からステージに立ち、9才でレコードデビュー。その後ソロ歌手として活躍。86年より坂本龍一のユニットに参加。1996年より、佐原一哉と共に本格的にソロ活動を始め。ソロ1stアルバム「天架ける橋」(2001)、2ndアルバム「廻る命」(2008)は、高く評価され、21世紀の沖縄音楽を代表するアルバムと評される。また、自作詞の子守歌「童神」(わらびがみ)は、夏川りみ、山本潤子、ヘイリー他、日本〜海外の多くの歌手にカバーされる。ステージでの活動は、ソロ公演の他、コラボ公演として文楽人形や琉球舞踊、エイサーから、フラなどまで、多岐に行っている。3歳の時に父親を米軍基地内の事故で亡くすも、現在まで嘉手納基地の近くに住み、歌を通して平和の尊さや戦争の悲惨さを訴えて続けている。
また「古謝の声には高周波とゆらぎ成分を同時に持ち、人を癒したり健康促進の効果がある」と言う内容の分析結果が科学者や大学教授より発表され話題となる。2014年より、宮里奈美子、比屋根幸乃、島袋恵美子と共に女性4人グループ「うないぐみ」の活動を始める。2015年1月1stアルバム「うない島」発表。
2015年10月にうないぐみと坂本龍一のコラボチャリティシングル「弥勒世果報-undercooled」を発表。

  • 日付
  • イベント名
  • 場所
2017年12月1日(金)
19:00~
おきなわ音楽月間スーパーライブ
ミュージックタウン音市場(3Fホール)